アパレルショップで働いている、アラサーの女子です。
本当は自分のお店をオープンしたいと、ずっと考えていました。
自分のコンセプトで選んだ商品を仕入れて、お客様に提供する。
そんなお店を持ちたいと、10代の頃から考えていました。
ブランドにこだわらない、魅力的なお店を持ちたいと考え続けているのですが、資金的なことからも足を踏み出すことが出来ませんでした。
現在のお店にも、不満を持っています。
個人ノルマもあるし、結局は自腹買取などもさせられてしまいます。
いつまでも、使われているのも嫌な気分になってしまいます。
だからできれば自分のお店をオープンしたい。
しかし、その資金を考えると、とてもではないけれど無理。
軽く見積もっただけで、1,000万円近くかかることが分りました。
私にはそんな資金を出すような、貯蓄もありません。

 

 学生時代から友人が、アクセサリーショップを経営したいと言っていたのですが、その夢がかなったと連絡をよこしました。
本当にびっくりしました。
資金的なこともあり、絶対にお店はオープン出来ないと嘆いていたのにです。
「資金援助してもらうことが出来て、夢を実現するため今行動中なんだ」
とても楽しそうに話してきたのです。
開業資金をサポートしてくれるのが、パトロンだと言ってきました。
パトロンとは何?と、なかなか飲み込むことが出来ませんでした。
彼女の言うパトロンとは、愛人契約のようなものなのか?
またはパパ活のようなものなのか?
気になって仕方がありませんでした。
お金くれるパパと知り合ったと、楽しそうに話し掛けてくるので、詳しい説明をしてもらうため、お酒を飲みに行く約束をしました。

 

 久しぶりに待ち合わせした友人、今まで見たことがないほどの明るい笑顔でした。
彼女は本当のことを言っているんだと分りました。
いろいろな説明をしてもらわなければならない、そんな気持ちになっていました。